口臭とメルカブルカプタン、硫化水素

口臭とメルカブルカプタン、硫化水素

口臭の原因ってなんなのか?

 

いろいろな原因があるとされていますが、代表的な口臭独特のあのドブみたいな腐ったような臭いの大半は歯周病によるものとされています。
厳密にいうと歯周病菌が発生させる揮発性硫黄化合物であり、おもな臭いの元はメチルメルカプタン、硫化水素です。
このメルカブルカプタンですが大便にような腐った臭いを発生覚ます。
また硫化水素も玉ねぎの腐ったような悪臭を放ちます。

 

口臭対策を考える場合にこれらの硫化水素とメルカブルカプタンの対策が必要となります。

 

ひどいニオイで困ってる人はこの歯周病による口臭が原因であると考えるべきです。

 

とうのもこの歯周病、やっかいなのは体の中、口の中に潜んでいるのでなかなか殺菌だけではいなくなりません。
歯ぐきの炎症してる部分などは大抵が歯周病菌が住んでいて、そこが巣のようになっており、大量にそこにいるので
殺菌してもすぐにまたそこから増えてしまいます。

 

通常の歯磨き粉ではなかなかこの口臭の原因である歯周病は減らせないと言われています。
というのも歯磨きした直後は一時的に歯周病菌も減り、口臭も減るのですが、しばらくするとまた大量に出てきてしまうからです。

 

なので口臭の原因そのものを改善しない限りはなかなか口臭をなくすというのは難しいと言われています。

 

そこでなた豆歯磨きが登場するわけです。

 

なた豆にはコンカナバリンAとカナバニンが含まれており、これらは歯周病の巣になってる炎症部分を改善するので口臭の原因そのものを改善して
継続した口臭予防を実現するとも言われています。

 

普通の歯磨き粉のように一時的な口臭予防だけではなく、原因そのものを改善するのが大きな違いと言われています。