口臭の原因とは?

口臭の原因とは?






 

口臭って本当にイヤですね。気になりだしたら会話が楽しめなくなるほど厄介な存在ですね。この口臭はどのような原因で発生するのでしょう?歯みがきをしたのに口臭がひどいと感じる方は口臭の原因を探ることが大切です。口臭の原因が分かれば解決がしやすくなり口臭を押さえるポイントが分かってきます。
口臭が軽減されると、毎日の生活が楽しくなりますよ。お友達との会話が楽しくなり、仕事先でも積極的になれ、業績UPにつながるかもしれません。それに会話が増えることから、うれしい出会いもあるかもしれませんね。毎日の生活が快適になるように口臭の原因を探りましょう!

 

「お口の中が原因」この場合の口臭の原因は?

「健康なのに口臭がする。」これはお口の中に原因があります。まず一番多いのが食べカスです。食事の後に歯みがきをしないと必ず食べカスが口内に残ります。すると細菌が増えドンドン繁殖し臭いにおいに変化してしまいます。そのほか、歯垢、歯石などが歯に付着することが原因になる場合もあります。

 

唾液には抗菌作用がありますが唾液の分泌量が減るとドライマウスになりますね。いつもお口がカラカラという方は要注意!口内から口臭が発生しやすい環境になっています。ドライマウスは特に起床時になりやすく、朝起きたて口の中は特に唾液の分泌量が減っているため細菌が増殖し、特にひどい口臭を感じてしまいます。

 

このような方はまず舌を磨きましょう。舌ブラシで舌の表面の食べカスを除去することで口内の細菌を大きく減らすことができます。そして白い苔のような臭い元である汚れの「舌苔」は毎日取り除く習慣を身につけましょう。毎日の歯みがきタイムにプラスすればいいのです。

 

そして唾液の分泌を増やすことも大切です。緊張すると極度に口の中が乾くという方も口臭が発生しやすいため注意が必要です。唾液は細菌を減らす作用があります。口臭予防には正常な唾液の分泌が重要ですのでいくつか方法をご紹介します。

 

@歯磨きやウガイなど口内を刺激して唾液の分泌を増やしましょう。ガムを噛むことも唾液腺に刺激が行き、おすすめの方法です。

 

A唾液腺をマッサージして唾液の量を増やしましょう。耳の下の頬骨のあたりを上下にこするだけで唾液がしみ出てきます。お口が乾いたと感じたときに簡単にできますのでやってみましょう。

 

B硬いものを積極的に食べると唾液の分泌量が上がります。いつもやわらかいものばかりたべていると噛む量が少なくなり、唾液の分泌が減少しやすくなります。

 

自分でできるオーラルケアはたくさんあります。歯みがきの大切ですが、日頃から自分で出来る方法を実行して口臭が気にならない環境にして毎日の生活を楽しく変化できるといいですね。