タバコとコーヒーは口臭の元

タバコとコーヒーは口臭の元






 

よく世間一般では「タバコを吸ってコーヒーを飲むと口臭がきつくなる」
ということが言われています。

 

たしかにコーヒーもタバコもどちらも臭いがきつく、口臭となりそうですが、そこまで我慢できないニオイなの?
と気になる人も多いかもしれません。
しかし意外にもこれらの二つの組み合わせというのはかなり口臭の原因となるのです、
そのメカニズムについて少し書いてみます。

 

タバコのニコチンとその害

タバコのニコチンやタールには様々な悪臭のもとが含まれています、スカトールやアンモニアなど悪臭のもととなる成分でありヤニ臭さだけでなく、
他にも口臭の元となる成分が多いのです。
当然これにタールなどのニオイも混ざるので様々なニオイが発生します。
ただしタバコが口臭の原因となるのはそれだけではありません。

 

あなたはタバコを毛細血管の血流を悪くすると聞いたことはないでしょうか?
タバコに直接触れる口の中の粘膜は毛細血管が多く張り巡らされており、タバコの煙はこれらの毛細血管に悪影響を及ぼします。
そしてその結果口の中の自浄作用の低下、唾液の分泌の低下など様々な問題を引き起こします。

 

唾液の分泌が低下すると口腔内の歯周病の数が増えるのでそれによっても口臭が発生してしまいます。
歯周病は口臭のあの独特のニオイを発生させるのでタバコのタールやニコチン、そして歯周病菌による悪臭によりさらにひどい口臭が出てきます。

 

コーヒーと口臭

コーヒーにはその臭いがあるほかに利尿作用があります。
つまりコーヒーを飲むことで体の水分が減り、唾液の分泌が少なくなるのです。

 

このためタバコとコーヒーの組み合わせというのは唾液の不足、歯周病菌の発生、口臭の原因物質の吸引、たばこやコーヒーそのもののニオイなどによってさまざまな口臭が発生してしまいます。
タバコを吸う人なコーヒーも好きな人が多いのでこの口臭がきつくなる傾向が非常に多いのですが、口臭を抑えるためにも両者の同時摂取は控えるべきなのです。