歯磨きで気を付けること

歯磨きで気を付けることとは?






 

歯磨きで口臭を抑えるというのは当然ですが、歯磨きの際もいろいろな点に注意すべきです。
歯磨きだけでなく、普段の生活や口臭の原因そのものが違う場合があるからです。
実は体質や病気などによっても口臭が出やすい場合があるのです。
例えば内臓疾患がある人の場合は内臓そのものから口臭が発生する場合があります。
この場合はいくら歯磨きをしても口臭が改善されないからです。
また最近多いのですが口の中をむやみに殺菌しすぎると口臭が出やすいということも報告されています。
というのも歯磨きのつけすぎや殺菌効果の強い歯磨き粉、マウスウオッシュなどは口の中の口臭を抑えてくれる善玉菌も殺菌してしまうからです。
人間の体には健康な状態であれ様々な菌が存在しており、それらの善玉菌も殺菌してしまうことは体そのもの健康を害したり、口臭をかえって増やしてしまう場合があるのです。
また歯ブラシによるブラッシングが口臭の原因となってしまう場合があります。

歯磨きの残しが長年の歯石の蓄積となる

歯磨きは毎日行う習慣なのですが、そのくせがついてしまい、長年磨き残しができその部分に歯石がこびりついてるような場合もあります。
当然歯石は口臭の発生原因となりますのでこれらの予防するためにも定期的に歯科医院などに通い、歯石をとりのぞいたり、どの部分に歯石がついてるからなど歯科医に相談してブラッシングの指示を仰ぐことも必要でしょう。

 

虫歯は早めに治療を

虫歯は口臭の大きな原因となります。意外と虫歯はいずれ治ると考える人も多いのですが、一度虫歯菌によって穴が開いた歯は治ることはなく、そこを毎日磨いても少しずつ虫歯が繁殖します。
こうなるとそこから悪臭が発生するようになり口臭の原因となります。
虫歯があるようであれば口臭の改善と健康のためにもまだ症状が浅いうちに歯科医に行って治療することをおすすめします。

 

歯間をしっかり磨こう

歯と歯の間というのは非常に口臭の発生しやすい場所です。
というのも歯ブラシのブラッシングが届きにくい場所であり、なおかつ唾液による口臭予防効果があまりでない場所だからです。
歯石も多く歯と歯の間は口臭が非常にしやすく、また食べかすなどが口腔内の雑菌などによって腐り、ひどい臭いを出す場合があります。
口臭を改善するためにもこれらの歯と歯の間は歯間フロスなどで清潔にするようにしましょう。
また、歯間は虫歯にもなりやすい場所であるのでこちらについても定期的に歯科医院などで検診してもらうようにしましょう。