口臭が消えない!どうすればいいの?

口臭を治したい!対策はどうすればいいの?






 

人に言いにくい悩みってありますよね。特に口臭は会話のたびに臭い息がもれ出してしまうので会話のとき、気になって思うように話せなかったりするものです。言いたいことを上手く伝えられないもどかしさはつらいものです。それに仕事先で会話が避けられない場合は仕事に支障が出てしまうこともあります。これは大変ですね。早いうちに口臭のトラブルを解決しなくてはなりません。そこで口臭を治したい方のためになかか消えない口臭の治し方をいくつか紹介したいと思います。

 

口臭の原因で治し方が違います

口が臭い!そんなとき、あせってしまい口臭グッズを揃えてしまう前にいくつか原因があるはずです。あなたの口臭はいつからですか?ここ最近のことでしょうか?それともしばらく前からですか?原因を探るためにまずは少し考えてみましょう。口臭の多くは歯周病などのトラブルが原因です。その原因を除去しないと口臭は改善しません。

 

主な口臭の原因は2つ

@歯周病、虫歯が原因

歯や歯茎のトラブルから口内に悪臭を放つ菌が充満し、きつい口臭が発生する場合が多いため、日々の歯みがきは重要になってきます。歯と歯茎の間を歯周ポケットといいますがその部分に細菌のかたまりである歯垢があると口臭の原因になります。そして歯垢が上手く取り除かれないと細菌はどんどん繁殖してしまいます。

 

口臭を治したいのなら毎日の歯みがきは口臭予防の基本になるため大切ですね。そして殺菌や洗浄力の高い成分にこだわった歯磨き粉選びも重要になってきます。

 

もし、歯みがきをしても口臭が治まらない場合は歯周病が悪化、もしくは虫歯になっている可能性があります。歯科医院で診察を受けられることをおすすめいたします。

 

Aいつもお口がカラカラ!「ドライマウス」が原因

ドライマウスとは別名「口腔乾燥症」とも呼ばれ、常に口内が乾燥する症状が伴います。目が乾いてしまう病気はドライアイといいます。これらの不快なほどに乾く症状の病気の原因はストレスがともいわれています。唾液の分泌が減ると当然口の中は乾いてしまいます。そうなると殺菌能力のある唾液が少ない分、細菌数が増え口臭になって出てしまいます。

 

ドライマウスを防ぐには唾液の量を増やすことが肝心になります。唾液腺を刺激するにはクエン酸を含む酸っぱいものがおすすめです。梅干しやレモンなどの柑橘類やりんご酢など、酢が入ったドリンクも有効になります。

 

どちらも思いあたるという方がいるかもしれません。歯や歯茎、そしてお口の中が健康であることが口臭知らずになることができます。毎日を快適に、そして楽しい会話ができるように口臭とはサヨナラしたいですね。