口臭と胃炎の関係は?

口臭と胃炎の関係は?







胃の調子が悪いと、口の中がすっきりしなく口臭が気になることはありませんか?特に慢性胃炎になると口臭が気になることがあります。口臭は口の中が原因でなく、吐く息自体が臭い場合があります。すると、歯みがきなどの対策では口臭を防ぐことができないため会話のたびに気になってしまいます。歯周病や虫歯などがないのに口臭が気になる場合は胃炎などの消化器科系の病気が原因かもしれません。

 

慢性胃炎の口臭の原因はピロリ菌!

胃炎が慢性的になってくると胃炎が原因で胃酸が出にくい状態になります。すると胃酸の量が少なく消化不良になってしまいます。すると胃の中が発酵しやすい状態になり臭いニオイが肺から出て口臭になってしまいます。この慢性胃炎の原因で一番多いのが「ピロリ菌」といわれております。ピロリ菌は胃酸を薄くする働きがあります。すると胃酸を増やす働きが活発になり、さらに胃酸が増えることで、口臭になりやすくなります。発酵したようなニオイは他人にしてみれば悪臭に感じてしまうこともあります。臭いと思われるのは誰でも嫌ですよね。ピロリ菌は胃がんのリスクもあるため、いろいろな意味でも無いほうがいいでしょう。胃の不調を感じるのなら医師に相談してみましょう。

 

ストレスや胃もたれでも口臭

そのほかにストレスを抱えていると胃の調子が悪くなることもあります。ストレス性の胃炎で鎮痛剤を飲む習慣ガ続くと胃を痛めてしまいます。食生活の乱れで胃もたれを起こし、食べたものが消化されにくいと発酵によるニオイがでてしまいます。すると口臭になってしまいます。

 

胃の不調を感じているのなら胃炎だけではなく、胃潰瘍を起こしている可能性もあります。喫煙や飲酒が過度になると胃腸を壊し、それが習慣になると消化能力が弱まり、胃の中にアンモニア臭のガスが溜まりやすくなってしまいます。すると口臭になってしまいます。

 

胃の調子を整えるには野菜や果物がおすすめ

胃の調子を整えるには、食生活が重要です。野菜や果物には繊維質やビタミンが含まれます。胃の消化を助ける食物繊維や海藻などは胃の調子を整えてくれます。また、ビタミン類は胃が荒れるのを防いでくれます。毎日肉中心で脂っこい食べ物ばかりだと消化に負担がかかってしまいます。特に揚げ物は消化に時間がかかります。野菜を多めに摂取し、果物を積極的に食べるように心がけるだけで胃の調子が整い、胃から出てくる口臭が気にならなくなってきます。食生活の乱れに気をつけ、口臭を改善し、さわやかな毎日を送りましょう。