口臭対策はなた豆で解決!

間違った口臭対策







口臭対策をするうえで間違ったことで口臭を抑えることができなかったり、反対にかえって口臭をひどくしてるというケースがあります。
実は口臭はいろいろな要素が原因で発生するために間違った口臭対策ではかえって口臭が発生してしまう場合があります。
これは個人の体質などにもよりますが口臭を考える上で一つ知識として頭に入れておきましょう。

 

マウスウオッシュによる過剰な殺菌に注意

 

マウスウオッシュは口臭対策に効果を発揮しますが過剰に使用するのは辞めた方がいいといえます。
というのもマウスウオッシュの中には殺菌成分が非常に強いものもあり、口の中を殺菌しすぎると口臭が出やすくなってしまう場合があるからです。
確かに口臭の原因というのは歯周病菌などの細菌によるガスである場合が多く、これらの細菌を減らすことは口臭対策に良いとされています。
しかし、過剰にマウスウオッシュなどの殺菌成分の強いもので口の中を洗浄してしまうと口臭を発生する菌だけでなくそれらの菌を抑えるはずの体の免疫能力も低くしてしまうからです。
過剰な口腔内の洗浄はあまり控えるべきという歯医者さんもいるほどです。
本来人間の体はある程度は口臭を抑える機能があるのでそれらを破壊してしまってはいけないということですね。
またマウスウオッシュの中には刺激が強いものが多く、これらによって口の中が荒れてしまう場合があります。
胃炎や口の中が荒れることで唾液の分泌が減ってしまい、唾液による自浄作用がなくなるために口臭が出る場合があります。

 

舌磨きは様子をみながら

最近舌磨きが一般的になってきてしますがこの舌磨き人によっては口臭がひどくなったという例もあります。
舌磨きとはいわゆる舌苔と呼ばれる舌に付着する白い苔のようなものを取ることですが、これらの中にも口臭を発生させる菌やそれらを抑える菌があります、
舌磨きによってこれらの良い菌まで洗い流してしまう場合もあるのです。
歯科医師によっては舌磨きで口腔内のバランスが崩れるのでやめた方がいいという人もいるほどです。
また舌が臭うのではなく、唾液に不足によって唾液による自浄作用がなくなり、口臭が発生するとも言われています。
ただこれは個人差があるようなのであくまで自分が舌磨きをすることで口臭がひどくなった、などの場合には抑えるべきだと思います。

 

いずれにせよ口臭は様々な原因があり、それらの原因に合わせた適切な口臭対策が必要とされています。