子供の口臭が気になったら・・

子供の口臭が気になったら・・






 

「アレ?ウチの子、結構口臭いかも・・・」
毎日歯磨きしてるのになぜか子供の口臭が気になる。

 

というお母さんが増えています。
子供のうちはそこまで口臭がしないのですが、子供によっては口臭がひどく臭う場合があります。

 

この原因について書いてみましょう。

 

子供の口臭の原因の一番は鼻呼吸

子供の場合は鼻水で鼻が詰まってしまい、口呼吸となるために口臭がひどくなる場合があります。
人間は本来鼻で呼吸するものですが、子供はすぐに鼻が詰まるので、口だけの呼吸となりドライマウス症候群や、
唾液の乾燥によって口臭が出てしまうというケースです。

 

ドライマウス症候群も唾液不足もどちらも口臭が発生する現象は同じで、
唾液による口の中の雑菌予防や殺菌効果が少なくなり発生すること、そして唾液による口臭の吸着効果が減ってしまうことが原因です。
意外と子供の口臭の場合これらのケースが多く、悩んですお母さんも多いかと思います。
なるべく鼻をかんで鼻呼吸を意識させることが大事です。

 

歯磨き不足による口臭

子供のうちは歯磨きに慣れていません、ですので歯磨きしても歯石まではいかないまでも
歯と歯の間から口臭がでてきたり、歯周病菌によって口臭がでてしまう場合があります。
ブラッシング不足や歯磨きの磨き残しから子供の口臭が発生してしまうケースも多々あります。
また乳歯だからいずれ生え変わると考えてあまり歯磨きさせないお母さんも稀にいるのですが、乳歯が虫歯などになると次に生えてくる永久歯も虫歯になってしまう場合や生え方に影響する場合があります。
虫歯そのものも口臭の原因となりますので、子供の口臭を感じたらお母さんが歯磨きの方法を正しく教えてブラッシング技術を向上させる必要があります。

 

子供は代謝が盛んで本来は体にもあまり口臭の原因となるものが少ないのですが、様々な要因によって口臭がきつくなる場合があります。
また子供同士のコミュニケーションでも口臭を指摘され、それでコミュニケーションが怖くなる、いじめになるなど様々なトラブルになる場合があります。
子供の口臭が気になりだしたら、歯医者さんに相談することも重要です。

 

それら以外になた豆歯磨きなどの石鹸歯磨きを使用するのも一つの手です。
なた豆歯磨きは添加物が少ないものを選ぶとそれだけで口臭を軽減できるからです。
子供のうちは刺激の強い歯磨き粉がダメという子供も多いのですが、なた豆歯磨き粉の場合は刺激が弱い上になた豆そのものが口臭予防効果があると言われているので、安心して使用することができます。