女性に口臭が少ない理由はなぜ?

女性に口臭が少ない理由はなぜ?






 

Q:男性ですが口が臭くて悩んでます。
ただ一般的に女性は口が臭くない人が多いのですがこれはなにか理由があるのでしょうか?
また男性でもなにか対策などありますか?

A:女性よりも男性のほうが口臭が強いのは、往々にして生活環境によるところが大きいといえます。つまり女性よりも男性のほうが、より口臭の原因となりえる生活習慣を生活の中に多く取り入れているからです。具体的には喫煙、外食、飲酒などです。

 

喫煙は口中の歯周病菌の活動を活発にさせますし、外食はついつい油っぽいものを多く摂りがちになります。油分の多い食事は、消化の際に胃に大きな負担をかけますので胃のトラブルに繋がりやすく、これも口臭の原因となります。
胃のトラブルの原因といえばストレスも胃のトラブルの大きな原因となります。男女雇用機会均等法などで改善の傾向があるとはいうものの、まだまだ一般的に仕事の上では女性より男性のほうが多くのストレスを抱えている場合が多いと思われます。

 

いっぽうで女性は男性に比較して上記のような口臭の原因となる環境が少ないと考えられます。また食生活に置いても野菜や果物を好んで食する方が多いのも理由のひとつです。野菜や果物に含まれているビタミンCは歯茎の血流を良くする効果もありますし、何よりも胃に負担になりにくいということができます。また男性に比べて酸っぱいものを好むという傾向もアリ、これも唾液の分泌を促し口臭を防ぐ有効な方法です。

 

しかしながら、これらの原因以上に最もいえることはオーラルケアに対する女性の意識の高さです。女性は男性に比べてはるかに口臭に対する意識が高く、男性はそのほとんどが無頓着といえるのではないでしょうか。オフィスに携帯用の歯ブラシを携帯し、昼食の後に歯を磨いている女性は非常に多いですが、ご相談者さまの場合はいかがでしょうか。会社や外出先で食事をとった後、トイレなどで歯を磨いておいででしょうか。

 

口臭において女性特有の原因によるものなども確かに存在するのですが(便秘が原因となるもの)、それらをさしおいても男性より女性のほうが口臭が少ない、あるは少ないと感じる原因には体質的なものよりも、このような生活習慣的なところに原因があると考えられます。

 

従いまして口臭予防の方法に性別による差というものは、ないと申し上げた方がよろしいか、と存じます。

 

それはマメな歯磨き、脂っこいものを控え野菜や果物をたっぷり摂る、ガムなどを噛んで唾液の分泌を活発にするなど、非常に基本的な方法です。そして何よりもオーラルケアに対する意識を高く持つことでしょう。
いかがでしょうか。参考になりましたでしょうか。ぜひお試しになってみてください。