高齢者の口臭を改善するには?

高齢者の口臭を改善するには?対策法とは?


実は高齢者の大半が口臭に悩んでいます。

 

加齢とともに口臭はひどくなり、なかなか歯磨きしても口臭が消えないという人も多いのではないでしょうか?

 

 

高齢者の口臭にはなた豆歯磨き粉


高齢者の口臭の悩みをカンタンに解決してくれるのがなた豆歯磨き粉です。
いくら歯磨きしても口臭が消えなかった人、寝起きの口臭に悩まされてた人、口のネバツキが取れなかった人から口コミ人気で広がった歯磨き粉です。

 

>>なた豆歯磨き粉の詳細はこちら

 

口臭の原因を大幅カット

歯槽膿漏や口臭の原因となる歯周病菌。これらを通常の歯磨き粉のような殺菌だけに頼った対策ではなく、体本来の自然のパワーで改善してくれるのがなた豆だけにしか含まれない独自成分コンカナバリンAと言われています。

 

インターネットでもっとも売れてるマイケアのなた豆歯磨き粉は歯周病菌が発生させる口臭独特のあの悪臭(ドブ臭い、腐ったような大便に似た臭い)であるメチルメルカプタン、硫化水素を臨床試験にて大幅カットに成功しています。

 

 

最近口が臭くなったと感じるなど加齢の口臭にはなた豆歯磨き粉がおすすめです。

 

★マイケアのなた豆歯磨き粉がキャンペーン中★
現在マイケアのなた豆歯磨き粉はもう一本付きのキャンペーン中です。
通常1800円で販売中ですが、今初回購入の人に限りもう一本付いてきます。
実質半額で購入できるのでお得です!

 

 

 

 

 

高齢者の口臭の場合様々な原因があります。
よくあるのは、歯槽膿漏や歯周病ですが、人によっては内臓疾患などが原因となっている場合があります。

 

内臓疾患の場合は難しいのですが、歯周病や歯槽膿漏などを原因とする口臭の場合、なた豆歯磨き粉などがオススメです。
なた豆に含まれる独自成分であるコンカナバリンA、カナバニンなどが口臭の原因である歯周病菌を改善したり、口腔内で炎症を起こしてる部位を改善すると言われており、驚くほど口臭が変わると言われています。

 

 

高齢者の口臭に関する質問一覧

 

Q:両親が高齢になって最近口臭がひどいことに気が付きました。
以前はなかったのですが、ひどく臭います。
高齢者の場合なにか原因があるのでしょうか?
また何か改善の方法はありますか?

A:老人には独特の臭いがあります。
それは一般的に加齢臭、老人臭ともいわれているものなのですが、老人の口の中でも同様のことが起こっています。老人の口臭の原因として考えられるのは加齢に伴う唾液の分泌量の低下、歯周病の悪化、口内環境の変化、などが挙げられます。その他に入れ歯などによるものも考えられますが、大半は唾液の量の低下、歯周病の進行によって歯を失ったことが原因です。

 

歯を失うと咀嚼力、つまり噛む力が低下します。噛む力が低下していくとどうしても食べカスが口の中に残りがちになり、それらを洗い流す唾液量が低下してしまいますので、口の中が乾燥しがちになり、口臭が発生します。反面、噛む力がしっかりしている方は唾液の分泌も多く、口臭はありません。

 

また唾液の分泌量低下の原因として薬の副作用も考えられます。加齢に伴って様々なトラブルが身体の中に発生してきますので、高齢者になるほどお薬を常用している方の割合は増えていきます。そういった薬の中には、唾液の分泌が抑えられてしまう効果を持つ薬剤もあります。

 

また、お薬を飲んでいなくても、加齢にともなって体の抵抗力が落ちてきますので、歯周病のリスクが高まってくることが考えられます。歯周病の進行が悪化すると歯茎が炎症を起こしたり、膿を持ったりしてひどい悪臭を発生します。

 

さらに加齢が進むにつれて、手足の微妙な動きが難しくなり、それに伴って毎日のブラッシングで隅々まで汚れを落とすことが難しくなってきて、口腔内の衛生環境が一気に悪化してしまう、ということも考えられます。

 

改善策としては、やはり口腔内の衛生を保つこと、唾液の分泌を活発にすることが挙げられます。

 

歯ブラシの際に、ブラッシングだけでなくフロスや歯間ブラシを使用して隅々までの汚れを落とすように心がけること、またどうしても食事量が少なくなりがちで噛む回数も減って唾液が減少しがちになってしまいますので、できるだけ口をよく動かす事が必要です。三度三度の食事はきちんと取り、それが以外にもおやつを摂るようにするなど、噛む機会を増やして口腔内の唾液の分泌を増加させるようにしてください。
ぜひお試しを!