胃炎と口臭は関係ある?

胃炎と口臭は関係ある?






 

Q:胃炎がひどいとき口臭もひどくなる気がします。
胃炎と口臭は関係あるのですか?

 

A 実際に胃炎で口臭が起こる場合があります。慢性胃炎で胃酸が不足しているという場合に、胃の中で消化しきれない食物が発酵をおこしそこから口臭を引き起こしていることなどが考えられます。

 

口腔内に歯周病や虫歯などの原因によって口臭が起こる場合もありますが、口腔内に歯周病や虫歯などの原因がないという場合、このような消化器系の障害を疑ってみた方がいいかもしれません。

 

慢性胃炎の場合、症状のあらわれかたが遅く、自覚症状も気づきにくいと言われています。食後にちょっとみぞおちがもたれる感じがある、そして鈍い痛みを発生したり、ちょっと食欲がないと感じたら、そのの可能性を考えてみてください。

 

普段は胃の入口は塞がれているので、ゲップか逆流性食道炎ということでない限り臭いが発生するということはありません。 胃が不調を訴えているから口内環境に悪い影響を与えることになります。

 

他にも胃が原因で口が臭くなることはあります。胃に何らかの問題があれば、舌の上にある舌苔が大量に付着するようになります。舌掃除をしても次から次へと付着し、口臭がそこから起こると言います。慢性胃炎だけでなく胃下垂、胃潰瘍も口臭の原因を作りだして行きます。

 

もう一つの原因が先ほどお話しをした食べ物が胃の中に停滞して起こる異常発酵です。発生した臭いの物質が、腸から吸収されて、血流に乗り肺から排泄される形となり、ここから口臭が発生することになります。

 

慢性胃炎の人たちは一体どのような臭いの口臭かと言えば、 一般的には卵の腐ったような臭いと言われています。卵が腐ったときにでる硫化水素の臭いがあり、異常発酵によって硫化水素が出来ているのでおおまかにメカニズムが一緒です。このような口臭が起こっている人たちはいくら一生懸命歯を磨いたところで口臭が解決出来る問題ではありませんので、別の対策を取る必要があります。必要ならばしっかりドクターに相談するようにしてください。