朝の寝起きの口臭の予防と対策とは

朝の寝起きの口臭の予防と対策とは






 

 

実は、本当は、口の中にいる最近は、自分の力できれいに洗い流すことができるようになっているのです。だから、健康な口の中の状態な人は口臭がありません。その一方で、口の中が健康でない人は口臭がするのです。この健康な口の状態かそうでないか?を決めてしまい、さらには細菌を洗い流せるかどうか?自然な状態で口臭がするか、しないか?を決めているのは、「唾液」です。唾液は、口の中に常に存在している

 

細菌を洗い流したり、戦ったりして健康を守ってくれているのです。病気やストレスなどを感じているときに口の渇きを感じたり、粘つきを感じることがあるかと思います。そういったときは決まって、口臭も発で、細菌が洗い流せずに口の中で増殖している可能性が高いからです。健康なときは、口の中なんてきにならないぐらい唾液はサラサラなもので、そんなときは口臭が気にならないはずです。病気のときではなくても加齢によって唾液の分泌が減ってしまうと口臭が出てくることもあります。

 

わかりやすい例だと、朝起きたときに口の中がネバついた感触で口が臭いことがありますね。このように、唾液は一般的に知られている以上に口臭と深く関わっています。そのため、歯磨きをした直後だけでなく、

 

数時間経った後でも口が匂わないようにするには、適度な唾液がさらさらとした状態で出ることが条件です。そのため、口臭予防できる歯磨き粉は、刺激の強いいかにも効きそうなものよりも口腔内の環境を整えて、唾液が健康に分泌されるようにできるものが良いで

 

す。要は、自然はの歯磨き粉が良い。ということですね。自然派の歯磨き粉なら、添加物などの余分なものも入っていないので、口の中を自然な状態に導きやすいからです。口の

 

中の自然な状態は、さらさらで適度な量が出ることを意味します。そして、その唾液は、口臭の原因となる細菌を洗い流してくれる働きがあるので、口の臭いが気にならなくな

 

る。というわけです。これが、口臭予防できる歯磨き粉として自然派のものや添加物のない歯磨き粉をお勧めする理由です。金額的には少し割高になりますが、それで口臭がしなくなるのであれば、試してみる価値はある価格があります。また、自然派の歯磨き粉で口臭予防のできる歯磨き粉としてなたまめ歯磨きが人気です。